本文へスキップ

国宝と御物

みなさんは、国宝と聞くとすごいというイメージがあると思います。
なんたって、国の宝なんですからね! 日本刀の出来も良いし、伝来もしっかりしていて、健全な状態で残っている作品の中で、これぞと言うものが国宝に認定されています。
国宝、重要文化財の約6割が備前刀と呼ばれる日本刀です。
しかし、国宝に認定されないすばらしい日本刀があります。

それは、御物です。
みなさん、知っていますか? そもそも何と読むのでしょうか?

正解は、ギョブツです。 皇室が所有されている物を御物といいます。素晴らしい日本刀ばかりですが、基本的に国宝に指定されません。

御剣
  宮中ゆかりの刀剣。

前半写真
後半解説

毎日新聞 約130ページ


文化庁監修 国宝8 工芸品V
  刀剣の巻です。

ISBNコードがついてないです。

図書館に置いてあることが多いです。
毎日新聞社 約200ページ

バナースペース


【日本刀の書籍について】









【その他】