本文へスキップ

日本刀 その他


トコトンやさしい鉄の本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ)
  鉄の事がよくわかります。

日刊工業 約150ページ

武士語でござる
  武士の言葉と意味が載っています。

KKベストセラーズ 約170ページ

名刀 その由来と伝説 (光文社新書)
  名刀の物語

光文社新書 約230ページ

剣豪 その流派と名刀 (光文社新書)
  流派や、誰の愛刀だったのか解説。

光文社新書 約300ページ

時代小説人物事典
  映画、時代劇等の登場人物、時代背景を説明。

学研 約330ページ

知っておきたい伝説の武器・防具・刀剣 (なるほど!BOOK)
  西洋・日本の武器

西東社 約190ページ

戦国武将 武具と戦術
 


図解 ふるさとの戦国武将
 

学研 約100ページ

「時代小説」こぼれ話―ちょいと意外な大江戸雑学 (文庫ぎんが堂)
  江戸時代の生活の面白話

約220ページ

ホントはHな日本の歴史
 

河出書房新社 約250ページ

使ってみたい武士の作法 [増補版]
  武士の生活の中の作法等が載っています

並木書房 約200ページ

トコトンやさしい熱処理の本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ)
  焼き入れ、焼き戻し工程について科学的に理解できます。

日刊工業 約160ページ

日本刀小刀図鑑
日本刀小刀図鑑 (1969年)   小刀についての専門書です。

光芸出版出 約180ページ

日本刀物語
  少し変わった切口の内容の本。

女と刀剣
試し斬り考
好色鐔と小道具
赤穂義士の刀

雄山閣 約330ページ

日本刀物語 (目の眼ハンドブック)
  歴史の中の日本刀
名刀の生きた歴史
名工にまつわる話
刀の勉強法
刀の豆知識

里文出版 約200ページ

剣技・剣術〈3〉名刀伝
 

新紀元社 約450ページ

珍刀奇刀掘出し刀
珍刀奇刀堀出し刀―日本刀収集談義 (1973年)  

光芸出版 約220ページ

刀装金工事典
刀装金工事典   10000名の刀装金工を収録

雄山閣 約770ページ

鍛冶道具考
鍛冶道具考―実験考古学ノート (神奈川大学日本常民文化叢書)  

平凡社 約300ページ

金工鐔
金工鐔 (1969年)  

光芸社 約230ページ

手帖版 梵字の書き方
 

木耳社 約204ページ

鍛冶の民俗技術
鍛冶の民俗技術 (考古民俗叢書)  

慶友社 約350ページ

【バーゲンブック】 決定版図説・戦国の実戦兜
  兜特集

学研 約160ページ

決定版 図説・戦国の変わり兜 (歴史群像シリーズ)
  変わった兜

学研 約190ページ

【バーゲンブック】 毛利戦記 復刻版
 

学研 約170ページ

戦国合戦イラスト&マップ集―ビジュアル・ファイル (歴史群像シリーズ)
 

学研 約110ページ

歴史読本 戦国時代人物ものしり事典
 

新人物往来社 約300ページ

歴史読本
 

新人物往来社 約230ページ

刀鍛冶の生活
刀鍛冶の生活 (生活史叢書)   刀鍛冶の当時の生活、風習、法規等

雄山閣 約210ページ

半代記シリーズ 刀剣半代記
 

東京文献 約170ページ

弓矢と刀剣―中世合戦の実像 (歴史文化ライブラリー)
  武器から読み解く源平合戦

吉川弘文館 約230ページ

日本刀名工伝
 

雄山閣 約320ページ

鉄、千年のいのち
  和釘製作

草思社 約210ページ

技法と作品 研磨彫刻編
 

青雲書院 約360ページ

江戸の刀剣拵コレクション
 

里文出版 約100ページ

鐔 (カラーブックス (330))
  小さな本です

保育社 約150ページ

あっそうなんだ…… 大人の新常識520 (PHP文庫)
  P95「日本酒に正宗の名を最初につけた人」
色々なジャンルの雑学が沢山載っていて面白いです。


PHP文庫 約330ページ

古武器の職人
古武器の職人 (1971年)   日本刀の職人を撮影した写真集

雄山閣 約210ページ

鉄の花を挿す者
鉄の花を挿す者   刀鍛冶の物語

講談社 約300ページ

武士道と日本型能力主義 (新潮選書)
 

新潮選書 約250ページ

タイトル
 

出 約ページ

タイトル
 

出 約ページ

タイトル
 

出 約ページ

タイトル
 

出 約ページ

タイトル
 

出 約ページ

部門について

【日本刀解説】
写真等の画像に比べて、字の割合の多い本。基礎知識から専門知識、特殊な内容も含みます。

【日本刀 図録】
写真等の画像が多く、字の少ない物。

【たたら製鉄】
日本刀の材料である玉鋼。それを作るたたら製鉄関連の本

【日本刀 その他】
直接日本刀には関係ないかもしれませんが、知っておくと面白い本。






バナースペース


【日本刀の書籍について】









【その他】